いつか留学を目指す人に知っておいてほしいこと

留学があたえるもの

このブログを読んでくれているということは、英語ファンですね♡

 

私も、一緒です。
三度の飯より英語が大好き♡

だからきっと、将来的にお子さんの留学を考えていたり、あるいは自分が行きたいと思っている若人たち、子育ての後自分がいつか!と思っているママもいるかもしれません。

 

今日は、留学という言葉に心ときめく人たちに向けて、将来のいつか留学を考えている人に、ぜひ心にとめておいてほしいことを書きたいと思います。

 

この記事を読めば、留学を目標に、今どんな毎日を送れば良いのか、ということに目を向けることができると思うのです。

いつかくる留学の日に向けて、したほうがイイよ!!と心から思うことを書いたのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

私が体験したこと

自己紹介でも少し触れていますが、私は18歳の時、父の大反対を押し切ってオーストラリアのシドニーへの留学を決行しました!!

 

私の両親は二人とも海外へ行ったことがなく、留学させることはとてもハードルが高かったと思う。
中高時代になんども交換留学や姉妹都市への訪問を希望した私にそんな機会を与えられるほど、海外への安心感をもてなかったんだよね。

だから、私も勝負に出た!!
かなりゴリ押しの留学(笑)

『今でないと、出られない!』と本気で思っていました。

かなり強気で飛び出した留学でしたが、最初は全然言葉が通じない。

私が言っていることを理解してもらえないし、ネイティブが話す普通の英語のスピードや文法は、学校で習った整った英語とはまったく違い、本当に理解できなかったんです。

 

人が言っていることがわからないという状況は、つらい。
これは、生まれて初めて感じるような感情でした。

 

寂しいとも、孤独とも、悔しいともちがう。
なんともいえないつらすぎる感情
言葉では、言い表せないような感情。

 

強気に日本をとびだして、ピーンと張りつめていた私の気持ちは、想像とは全然ちがう現実にうちのめされ、この感情の中で、どうしたら良いのかわからず、『帰りたい。。。』と思って毎日泣いていました。

居場所がなかった私

この問題の原因が乏しい語学力にある以上、数日で乗り越えられるもんじゃない。
『これは、しばらくかかるんだ』ということは、理解していました。

学校にいっても当時話せる日本人は2人しかいなかった。
辛かったです。

あんなに楽しみにしていた留学。
一大決心ででかけた留学、なのに。

はじめの1か月の国際電話代は10万を超えた(!!!)と、母はのちに言っていましたが、何度も泣きながら話したことを覚えています。

 

学校が終わってからも英語が話せない私は友達ができるわけでもなく、学校のまわりの限られた範囲をフラフラ、グルグルと歩き回って時間をつぶしていました。

そして、留学生の私に買うものはないような高級なものがいっぱい売ってあるデパートにいきついたのです。

高級デパートで号泣した理由

もちろん、欲しいものが買えなかったから、泣いたんではない(笑)。

そのデパートで聞こえてきたピアノの音。

 

ベートーヴェンの悲愴という曲でした。

私が中学生の時、発表会で演奏した曲。
すごーくすごーくよく知っている曲。
一音一音まで全部わかる曲。

どこから流れてくるのかピアノをさがして歩いていきました。
ピアノを弾いているのは若い女性のピアニストでした。

相手が話していることが全然わからないというつらい状況の中、知っている音楽が流れてきている、ちがう国の知らない人が私が弾いた曲を弾いている、言葉がわからないのに音楽はわかる。

 

その時、やっと相手が言っていることが全部わかったような気分になって、自分のこともわかってもらえたような気がして、号泣したのをおぼえています。

 

当時、シドニーでは駅ナカや道端で、バイオリンやフルートなど様々な楽器を演奏している姿をよく見かけました。
しかも、アマチュアではなく、プロではないかと思うような素晴らしい音楽だったんです。

日本ではあまり見たことがない光景に、その後も私はよく足をとめて聞いていました。

そして、知ってる曲が流れると、相手を理解できたような、自分をわかってもらえたような気分になり、満たされました。

言葉以外にも通じるものをもつ

つまり、海外で心をかよわせるのに必要なのは語学力だけではない、ということです。

日本で勉強した言葉と、海外で実際に使われる言葉はやっぱり大きくちがう部分があって、それに慣れるまでは、しばらくコミュニケーションがとりづらい。

 

その時期を乗り越えるための何かを持っていた方が良い。
お子さんに持たせてあげてほしい。

たとえば、スポーツでも、音楽でも、ダンスでも絵でも良い。
言葉が通じなくても、人と心を通わせられる何かをもっていると、それが人との交流をきっと助けてくれるから♡

言葉を超えるモノ

この時、私はピアノをやっていて本当によかった、と思いました。
音楽は国や言葉を超える、ということをはじめて実感しました。

 

それまでは、ピアノを習っていた経験が海外で自分を救ってくれるとは思いもしなかったんです。
でも、私が一番つらい時期に私を救ってくれたのは一生懸命勉強していた英語ではなく、何年も前にやめていたピアノだったんです。

 

だから、いつか海外に行きたいと思っている若人、留学を経験させたいと思っているママ達には、自分が行く気のママ達には、ぜひ英語以外の何か、いろんな経験をさせてあげてほしいな、と思います。

 

私みたいに、モノにならずにとっくの昔にやめてしまったピアノでも、いつどこで身を助けてくれるかわからないのです。

そしてやってみたいなと思える好奇心、実際に行動に移す行動力、そういうものすべてが留学先でも、どこででも生きていく力になっていくと思うのです。

いろんなことを経験する

これは、留学に限らず、です。
なにが将来自分を助けることになるか、わからない。

おもしろそうだな、やってみたいな、と思ったことはどんどん挑戦して、やってみること。

何年も続けなくても、いい!!
ものにならなくても、いい!!

したことがある、見たことがある、というかすかな経験だけでも、極限に一人を感じる状況では人との共通点を見つけるとっかかりになります。

 


私は子どもが小さい頃、一回習い始めたものはそう簡単にはやめさせず、ある程度は続けることを望みました。

子どもが『やめたい』と言い出したら『○○までやってみたら?〇年はつづけたら?』と少しでも長くつづけることを押し付けていた気がします。

でも、子どもが大きくなり、わが家の娘たちは二人とも小さい頃からずっと続けている習い事は英語以外ありません。

なにもかもやめてしまったけれど、今思えば、やめないことを勧めるより、新しくやりたいことを見つけることに時間を割いてやれば良かった、と思います。

伝えたいこと

一番伝えたいことは、英語はやっぱり良いし、オススメしたい♡
でも、やっぱりそれだけでは、生きていく中でツライ。
もちろん生きていけません。

 

子ども達には、世界に出るその日まで、ぜひいろんなことを体験しておいてほしい。
どれも続かなくて、極めるまでいってなくてもイイ!!

『やったことがある』だけで良いから、いろいろ挑戦してみよう!
ワクワクすることを見つけてすこーし始めてみよう!

将来のどこかの時点で、またそれに出会ってオモシロいと思ったら続きをしてみたらよいし、またちがう何かにであえるかもしれない。

やってみたいことを見つけて、やってみる。
そういう探求心や行動力を育ててあげてほしいな、と思います。

 

【関連記事】

子連れオーストラリア旅行記はコチラをクリック

子どもの成長にちゃっかり対応できるママが知っていることはコチラをクリック

日本女子とウマがあう国籍女子の話はコチラをコチラをクリック

 

ママも英語に興味があって、お子さんと一緒に楽しみたいなと思っている方にとってもおススメの子育て英語講座。
習ったその日から使える、子育てフレーズや楽しい英語歌、それにママの毎日を支える【ママとお子さんの自己肯定感をあげていく】育児のヒントが満載の講座
 *Nano-English*の子育て英語講座がとてもおすすめです♡
スタートしてみたい!!と考えているママにはぜひ受けてほしいです♡
バナーをクリックで講座詳細に飛べます↓
もっと小さい赤ちゃんと英語を楽しみたいママには英語ベビーヨガがおススメです。
コチラはスキンシップ×英語で、親子のあたたかい時間と英語をつなぎます。
赤ちゃんの耳にママの声でたくさん英語を聞かせてあげてほしいです♡
子育て英語の入り口になるような、とてもオススメな講座です!
赤ちゃんがいるママにはぜひ受けてほしいです♡
バナーをクリックで講座詳細に飛べます↓
直近の、講座はコチラ↓をクリックしてチェックしてね♡
講座案内

もっとガッツリおうち英語をモノにして親子で楽しみたい!!英語がある毎日をわが家のあたり前にしたい!!と考えているママには長期サポートがオススメです。
お子さんとの限られた時間にぜひ英語を楽しんでみてくださいね♡

【関連記事】

公式LINEにご登録のメンバー様だけに、
もっと楽しい英語ライフを
送るための情報を随時発信しています♡
ぜひ公式ラインにご登録ください♡
毎日の育児で使える
パパっと英語フレーズやお役立ち情報
お届けしています♡
講座の先行募集もおこなっています。
ぜひご登録の上、お役立てくださいね♡
↓コチラを『ポチッ』で登録できます♡

友だち追加

おすすめの記事