【我が子のおむつはずし】長女が1歳2か月でパンツ娘になった話

あたたかい季節がやってくると、『おむつを外したい!!』と願うママの声が聞こえてきます。

 

おむつ代って結構かかるしかさばるから置き場所も買い物もほんと大変。
オムツをつける年齢の子が複数いると余計大変だよね。。。。💦

 

 

私が行う親子えいご遊びサークルLet'sでもレッスンの途中に『おトイレ―』な子が毎年いますよ♡

 

もちろんレッスン中だからってガマンする必要も、させる必要もありません!!

 

 

むしろ、おうち以外の場所でもちゃんと『おしっこ!!』が言えるお子さんを、ほめてあげてほしい♡♡

 

それってすごいことじゃない?!
Good on you!!(すごいね!!)

ってママも一緒に喜んであげて♡

 

レッスンをぬけて急いでトイレに行ったのに行ったらでんかったやん!!
こんなこともある、、、よね(笑)
いや、あるんだよ、これが。

 

 

ママにとっては
『ちょっと!ちょっと、ちょっと!!』
(ザ・たっち風に♡)

と言いたくなるところだけど、
それはもう、そういうこともある!!

言えたことを褒めて
『また、いきたくなったらいつでも言ってね♡』と伝えておくと良いと思います。

 

我が家のおむつはずし

我が家のおむつはずしは、比較的スムーズ。
長女は1歳2か月ごろ、次女は1歳10か月ごろにそれぞれとれました。

 

長女は歩いたのが1歳4か月だったので歩いたころにはおパンツでした。

 

以来、二人ともおもらしもおねしょも一度も経験がありません。

 

 

『えーー!!すっごーーーい!!』をねらってこの記事をかいているのでは、ナイ。

 

私にとって、トイトレは我が子が初めてではないからね。

 

保育園で2年間2歳児クラスを担任したので、その時に、合計約30名のトイトレをサポート♡

30人分の個人差も見てきました。

 

『ほうほう、こんな風におむつをとるんだ』というのを一応は経験していました。

 

だから、全くはじめてなのにたった一人で我が子のトイトレを進めるママの方が
よっぽどすごい!!と思う♡

 

 

我が家の話、保育園の子たちの話がこの夏こそ!!と思っているママのサポートになれば、嬉しい!

 

そして少しでもはやくオムツをとりたい!と思っているママの参考になればと思って、久々に当時のことを思い出して書きます。

 

布おむつへのあこがれ

まず、トイトレの前にそれに至った経緯を♡

長女が生後二か月目ごろから、我が家ではお出かけ以外は布おむつを採用。

 

 

本当は生まれる前には買って用意してたけど、あまりの新生児の排泄回数の多さに圧倒され。
少し落ち着いた2か月目ごろからスタート。

 

 

これは、単に『やってみたい』という私の興味だけでして(笑)

 

なんか、あの洗濯干しのたこ足に布おむつがいっぱいかかって風になびく光景に憧れが(笑)

 

 

↑こういうのを20枚くらい持っていましたが毎日洗濯するから15枚あれば余裕かも

 

 

あと、園で2歳児さんのおむつをかえるときおむつの蒸れ度がすごいと感じていたから。

 

 

布の方が気持ちいいんじゃないかな
それだけの理由です。

 

 

でもね、やっぱり毎日となると洗濯は。。。。
ほんまに大変。。。💦

 

雨の日もあるし、先に手洗いもしてから、ほかの洗濯とわけて洗剤もかえてたし、毎日2回は洗濯機まわさないといかんし、子どものためであっても大変な時もあった。

 

そして離乳食がはじまってからは特に、、、
洗うことが大変に。。。

 

 

でも、だからこそ思うやん?!

はやく、おむつ卒業させたい!!(笑)

 

 

そこが、我が家のトイトレのスタートだった。

 

 

布おむつの方がはやくおむつがとれるかどうかは知らないけど、ママが『はやくはずしてしまいたい!』と感じるのは事実。

 

でも、たぶん今の紙おむつは快適すぎて、子ども達も出たことをあまり感じないよね。
その点、ぬれたら間違いなくベッチャっとなる布は、子どもが気持ち悪さを感じてはやくとれるかも♡

 

それに、布だとママがきっと、『オムツがはずれたら、どんなに楽か♡』と早い時期から考えちゃうよねー。

 

で、早くも8か月そこそこで母にグチった。
『おむつ洗うの大変。。。布おむつやめよかな』

で、母が言ったんです。
『トイレつれてったら?』って

 

私『まだ、、、8か月やけど』

母『座れるんやったらトイレできるで』

私『そんなん聞いたことないけど』

 

母、、、、、強し

生後8か月の赤ちゃんをトイレにつれていくなんて聞いたことナイ!!と私は言いました。

 

で、母が衝撃の一言を!!

 

母『あんたらはしてたで』

 

私『えーーーーーーーーーー!!』

 

2歳児のトイトレを園で経験した私にとって、歩きもしない子をトイレに座らせる奇妙さ。。。(笑)

 

でも、母によると私も姉もお座り早々、トイレで用をたし、1歳にはおむつがとれてたというのです。

 

2歳児の場合、1日に5,6回 時間を決めてトイレに誘っていました。

 

この子を、、、、どんなタイミングでトイレに?!

 

母は言うんです。
『人間、食べたら出る。食べた後を目安に連れてったら出るで』

 

ほんまかいな、と思うでしょ。

 

ほんまでした。(笑)

 

母の名言

人間、食べたら出る!!

 

我が家のトイトレスタート

さっそく、大人の便座にかぶせてつかう補助便座を購入。

 

 

我が家ではおまるは使ったことがない。
最初から大人のトイレに補助便座で座ってたな。

 

理由はおまるをあらうのがめんどくさいから(笑)

 

先日、断捨離中に屋根裏から娘たちが使ったキティーちゃんの補助便座が出てきてビックリ!!

 

 

これをなんで大事に置いとこうと思ったのか謎です(笑)

↑こういうやつね。

 

離乳食のあと、連れてって『シー――、シー――』というとほんとに出た(笑)

 

もちろん最初の頃は毎回じゃなくて出たり、出なかったり。

 

今日は出ないな。と思って布おむつしたらすぐ出ることもあったよ。

 

でも、出たときはめっちゃ褒める、出なくても叱る必要ナシ、が子どもが小さいからこそ自然にできたかも。

 

 

保育園でも、子ども達がトイレでできると、複数いる先生たちがみんなで喜んでほめていたので、そういうことは身に沁みついていました♡

 

ここがポイント!!

トイトレの基本はこれだよね。
出たら褒める。出なくても叱らない。

 

 

すると、出る→ママ喜ぶが生後8か月の赤ちゃんでもわかってくるんだわね。

 

 

そして『おしっこしたくなったら「ちっち」って教えてね』とくりかえし伝えました。
それにはお腹をトントンとたたくアクションもつけました。

 

 

これは我ながら、天才的に良いアイディア♡

 

2歳児ではしたことなかったけど、赤ちゃんだったのでしてみました。

 

すると、長女はまだそんなに言葉がなかった時期から便意を感じたときは自分のお腹を2回トントンして教えてくれてたよ。

これがなんとも可愛かったんです♡

 

そのうち、うんちも出るようになって長女は、1歳2か月には完全にパンツで外にもあそびに行くようになりました。

 

 

失敗した時用に着替えや布おむつもいつも車につんでたけど、使ったことないな。

 

長女は3月生まれなので、1歳迎えての5月にはパンツ。
歩き出して迎えた暑い季節をパンツで過ごせたことは一番良かったと思えたことかも。

 

そして
1歳10か月ごろ自主的にトイトレをはじめて3日でとれた次女の話はコチラ

 

ということで、今日は我が家のオムツ外しについて語ってみました♡

どなたかの参考になれば嬉しいです。

 

 

*Nano-English*の子育て英語講座では
「おむつ」や「トイレ」で使えるフレーズも紹介しています♡

講座の詳細はコチラ↓

今月の講座案内はコチラ↓

講座案内

おすすめの記事