私も実感!!言語は人格までかえる?!言語が思考に与える影響
先日、大人の生徒さんがこんなことを言われました。

『英語で話す時のほうが自分の気持ちにしっくりくるし素直に表現できる気がする』

 

実は、、、、、、そうなんです!!

人はその言語に合わせた性格をもっている、という考え方があるんです。

 

今日は、言語によって人格がかわる話をしたいと思います。

ちなみに、私の場合英語を話す時は、とびきり心が解放されて、自由に解き放たれたような気分になって、いつもの3倍は気が大きくなります(笑)。

私のように、明るく楽しくなる場合は、なんの心配もいらないんだけど、これは反対もあり得るということです。

英語指導者としても、母としてもここはちょっと知っておきたいポイントかと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

言語で人格はかわるのか

結論からいうと、答えはイエスです。

海外では、そういう研究結果も出ているのですが、内容を簡単に書くと、

その時に使っている言語によって、着目する部分や表現の仕方が異なる。

というのです。

 

 

たとえば、こういう写真を見た時に、日本語話者は『二重に虹がある』というのに対して、英語話者は『さばくの空に二重の虹がかかっている』というかもしれない。
さらに、イタリア語話者は『真っ青な空に輝く虹』と表現するかもしれない。

その言葉がもつ、標準的な表現の仕方が、同じものをみても着目する点にちがいを与え、表現法もかわってくる、というんです!

ちなみに、バイリンガル、トリリンガルでは、その時に使う言葉の思考になるんだって!

すごくオモシロくない??

 

マルチリンガルは言葉により、様々な思考と人格をもち、多様性により対応しやすい。

多言語習得は、新しい人格が手に入りコミュニケーション能力があがるチャンス!という考え方もあるんです!

つまりたくさんの言葉を習得すると、考え方や物事のとらえ方の幅が広がり多様になる

1つの言葉しか、話せない人に対して、多言語話せる人は認知症になりにくい、という記事もみたことがあります。

 

言語習得が脳に、影響をあたえることは知っていたけれど、その時に話す言葉が、人の思考にまで影響を与えるなんて!!

これはオモシロイ!!
目からウロコです💖

 

日本語の特徴

日本語の文法的な特徴として、主語の省略があります。
特に、普段の話し言葉では大半で主語がない会話をしていませんか?

『もうねるわー』
『学校行くね』
『何が食べたい?』

ほらね(笑)
【誰】がなくても話が通じる。
主語は、その場の状況で聞いてる人が判断してくれる。
お互いに推測して判断し合っている。
そういう言葉です。

 

言葉にせずとも空気をよんで合わせていく、まるで日本の文化そのもの。(笑)

また、単語だけでも会話できます。
『何食べたい?』
『うどん』とか

『どっち?』
『こっち』とか

本当に、必要な情報だけ言って【あとは言わなくてもわかるでしょ】それが、日本語の標準的な表現法といえます。

もちろん、盛ろうと思えばどんどん情報をつけたすことはできますが、普段のありのままの日本人の言語表現と思考はこうなっているんです。

英語の特徴

それに対して、英語は【誰が】という情報や、【誰のモノ】という情報、さらには【何個】という数に関する情報など結構詳しい情報までいれて表現するのが標準です。

 

代名詞や冠詞、複数形、三人称のs、前置詞、日本語では省略されるようなことが普段の会話スタイルでも、標準的に話されています。

 

たとえば、I eat apple.はまちがいです。

I eat an apple.またはI eat apples.ですね。
冠詞または複数形になり、1個なのかそれ以上なのかを表現します。

 

日本語では『学校行った』で良いけれど、英語ではShe went to school.
と必ず、toをつける。

自分がすることには、必ずなんどでも"I"をつけるし、相手のことをいうときも”You”をつける。

そういうことは、省ける情報ではないんです。

日本語と比べると情報は、とても明確に伝えられます。
絵で見るようにハッキリと状況を表現しています。

言葉が思考を変える

この言葉がもつ、表現法が考え方に影響しているのです。

 

私は、英語で話すときの自分のほうが『自由で大胆!
物事を、広い目でとらえている気がするんだよね。
物事を点でとらえず、広い視野でとらえているような感じがします。

 

広い視野でとらえているので、周りの人の細かい感情の変化は気にならないんです!
みんなイヤなら言うでしょ、って思うし。

これが、私は解放された気分ですごーーーく楽です♡

 

対して、日本語で話す自分は『察する』『相手に合わせる』『相手の様子を見る』部分が多い。

私のまわりにもそういう人が多いんだよねーーー。

 

まさに日本の文化、自分より他を思いやることが美徳✨
つつましい日本の良い文化でもあるんだろうけど、自分をおしころして周りに合わせる部分がちょっとしんどい部分でもある。

 

だから、私は自分の気持ちが解放されて広く物事がみられる英語が好きなんだと思うんです。

 

言葉で人格は変えられる

日本語を話すときの人格と、英語で話すときの人格、他にも言語を話す人はほかの人格ももつといわれています。

同じ人間の中で、別の人格が存在して、それの切り替えのスイッチは、言葉。

 

私の場合は、海外の文化も手伝って英語は自分を自由に解放してくれると感じます。

それが、英語の中にいるときの自分が好き💗と言う人が多い理由んじゃないかな。

 

自分を解放する方法は人それぞれあると思うけど言葉で自分を解放している人がいるのも私はめっちゃうなづけるし、とても共感できます。

 

だから、何をするわけじゃなくても【英語に触れていたい】【英語を習ってもっともっと自分を表現できるようになりたい】そう思っているし、そう思っている人をお手伝いしたいって思います。

 

そういうなにかがあるって素敵じゃない??

どんな手段だとしても、自由になれる自分がいてその時間があるから日常に押し寄せるいろんなことを頑張れる!!

 

言語と自分が合わないとき

言語ごとに、表現方法があって、それが思考や人格にも影響を与えるということは、それがなんとなく合わない、という人もでてくるよね。

 

日本語の自分が一番心地良い。
日本語がすっかり自分の標準になっていて、不自由をまったく感じていない。

そうなると、英語のなんでも広い部分から物事をとらえて、見えるモノすべてを情報として伝えたり、白黒ハッキリさせる言葉の文化が、自分の性格にしっくりこない人も当然います。

 

しっくりこないために、うまく自分を表現できなくて、居心地が悪い。

 

英語を話したり、書いたりするときしんどい。
なんでかわからんけど、英語が苦手。

もしかしたら、そういう要因があるのかもしれません。

言葉の居心地

英語のレッスンがはじまると、黙ってしまう子どもの生徒さんがいたら、もしかしたら言葉の居心地が悪いのかも。

 

テンション高すぎるALTのノリノリの授業が性格的にしんどいのかも。
みんなで盛り上がりすぎる英語ゲームの雰囲気が苦手かも。

 

聞いて理解できるか、文法がわかっているか、単語を知っているか。
そういうこと以外にも言葉の居心地に関する理由もあり得るかもしれない、とちょっと頭の片隅に置いておいてほしいなと思います。

 

 

そういう時は、日本語の時のその子の人格を認めてあげた上で、英語はこういう言葉なんだよ、ということをわかりやすく言葉にして伝えてあげたら良いと思う。

 

なんだかわからないけど英語は居心地が悪いとボンヤリ思っている理由がハッキリ分かる!!
すると、自分でも納得がいって、割り切ることもできるようになるから。

 

まとめ

今日は、言語による人格の話をまとめてみました。

日本語の時の自分の人格と英語の時の人格。
自分の中に二人いてどっちも本物。

 

日本にいるから普段は日本語の自分がこの文化の中で頑張って生きてくれている。

英語の人格の自由な自分も、たまには出してあげてくださいね♡

サポートが必要な時は、喜んでサポートします!!

 

言語習得は、人間の思考に幅をもたせてコミュニケーション能力をアップさせる!!といわれていますよ♡

子ども達が英語を自分の意志で扱えるようになると、こんな良い影響があるなんて♡
嬉しいですね💗

最後まで読んでいただきありがとうございます。

【関連記事】

英語はやればやるほどできるようになるのか、の話はコチラをクリック

日本人がカタカナ発音になる理由、はこちらをクリック

公式LINEにご登録のメンバー様だけに、
もっと楽しい英語ライフを
送るための情報を随時発信しています♡
ぜひ公式ラインにご登録ください♡
毎日の育児で使える
パパっと英語フレーズやお役立ち情報
お届けしています♡
講座の先行募集もおこなっています。
ぜひご登録の上、お役立てくださいね♡
↓コチラを『ポチッ』で登録できます♡

友だち追加

兵庫県の英語講師、立脇真理子です。
2人の娘の産後に大好きな英語を使った仕事をしたくて思い切って転身!
英語指導者になって10年目

親子、幼児、小中学生、大人、ママ、英語指導者向けに様々な講座をしています♡

おうちでできる英語を、親子で楽しみながら続けられる自分になりたいママには長期サポートのまるごとサポートプログラムがおススメです!

詳細はバナーをクリック↓

自己流のおうち英語で、悩んでいるママは一度ご相談くださいね♡
英語育児の現在地とゴールをクリアにして、今必要なことを見つけられます。

英語育児なんでも相談会の詳細はバナーをクリック↓

英語指導者向けに、発音指導法講座親子レッスンの作り方講座を行っています。

詳細はバナーをクリックしてね♡

 

おすすめの記事