学校では教えられないからこそ、英語教室で教えたい!と切望していること
【英語で人生をより豊かにおもしろく♡】

夢見た日を現実にする英語サポート
毎日がおどりだす!
ごきげん英語魔術師
立脇真理子です😊

 

 

英語を教えることが仕事の人は
もんのすごい数います!

 

 

 

もうそりゃあ、星の数ほど!!

 

 

そして皆さん、スバらしい英語力や経験、
指導力をもたれています。

 

 

もうそりゃあ、悲しくなるほど🤣🤣

 

 

 

でもね、そんな中でも私がなんとか
小さな胸を思いっきりはって(悲しいw)
私も英語講師です!!
とみなさんに言えるのは、
私たちのそれぞれの持ち場があるから✨

 

 

 

同じ英語を教える仕事といっても
だれに教えるのか、
どこで教えるのか、
何人に教えるのか、
どうやって教えるのか、
それがバラバラだから♡

 

 

そして、おなじ英語とはいっても
その持ち場以外のことは実は
あんまり知りません。
(え?ワタシだけ?!🤣)

 

 

 

だからこそ、私たちが日々
取り組んでいるのは、、、、

それぞれの持ち場の専門性を
どんどん磨いていくこと!!

 

 

自分の持ち場のことをそれぞれが
学んで、経験をつんで、力をつけるから
それを仕事にできていると思うんです✨

 

 

 

だから私も、英語の中のごく一部のことしか
知らないことは自覚してます

 

でも、自分がかかわっている分野のことは
やっぱり、年々力をつけていますよ♡
小さな胸を思いっきりはって言っちゃいますよ♡

 

 

学校の英語先生と英語講師のちがい

学校の英語の先生と
個人の英語教室などで教える英語講師は、
同じような年代の子ども達に教えています。

 

 

でも実は、教えている内容はかなりちがう!!

 

 

 

なぜかというと、学校と教室の目的
全然ちがう部分があるからなんです。

 

 

目的でやっぱり
すべてがちがってくるんですよね

 

学校で英語を教える先生

学校の先生たちは、
どこをゴールにしていると思いますか?

 

 

 

学校の英語教育には、
沿うべき教育要領というものがあって、
やる内容もつかうテキストも
ある程度の枠の中できめられている。

 

 

 

そしてその延長線上には入試という
でっかーーーーい壁が立ちはだかっている💦

 

 

ALTとの授業を通して、
使える英語を身に着けるのも大切!!

 

 

だけど、中学英語ではやっぱり

  • 文法を身につける
  • 単語数を増やす
  • 長文を読めるようにする

などがメインになってきます。

 

 

 

つまり、

キチンと英語の基礎力をつけられているかどうか

が、メインになってくるんです。

英語教室の先生

そして個人の英語教室。

 

 

  • どんなテキストを使うか
  • どんな順でどんな方法で教えていくか
  • どこをゴールに設定するか

実は、、、すべて先生次第✨

 

 

 

 

私の知る限り、どの先生も
必死に学ばれながら、
良い方法を探して子ども達に指導しています。

 

 

 

それぞれ個性があって、
ちがうところが、またイイ!!

 

講師が大事にしているところが
カラーになっていくのがオモシロいトコロ!

 

 

私の英語教室の中学生クラスで
大事にしていることがあります。

 

 

まず年相応の単語の学習。

  • スポーツ
  • ファッション
  • 世界の文化
  • スクールライフ
  • はやりの映画
  • 音楽

についてなど。

 

生徒の年代に身近な単語を
たっくさん紹介します。

 

知ってオモシロいと思うしね♡

 

 

さらに、

  • いろんな文法を組み合わせて話す流れ
  • 文章がもつニュアンス
  • 自分の感情をのせること
  • 話し方、聞き方、相づちの打ち方
  • 口調、イントネーション

などを実際に使う場を
できるだけたっくさんもうけることで

全体的な英語の使い方をたくさんの体験させる

ことを大切にしてるんです!

 

 

学校の英語のように
ドリルや単語テストで
知識に取り込んでいくことはしない。

 

何度もその単語に出会うことで
学んだ英語を使える英語にしていく
ことを目指しています

 

 

そしてその語彙や文章の指導には、
もちろん発音もかかせない!!

 

学校と英語教室の発音指導のちがい

学校では、たーーっくさん教えることが
決められている。

だから、試験と直接関係がない
発音は後回しになるんだよね。

テストに出ても3問くらい?!(笑)

 

だから、学校ではそこまでを
一つ一つ丁寧におさえていくことに
時間がさけないと思うんです。

 

音源を聞いて、生徒がそれぞれ
自分の耳に聞こえるようにリピートする
という、スタイルです。

 

今は、フォニックスを
小学校で導入しているところも多いですね。

 

でも、フォニックスはそもそも
発音指導法ではなく、読み書きの指導法。

 

 

だから、発音指導としては
なんと、、、、、30年前のスタイル💦

 

やることが多い学校ではそれが精一杯だと思うのです。

 

その学校ではできない部分を
私たち個人の英語教室が
担っていく必要がある!

 

 

英語教室の発音指導では、
単語を紹介する時に、

  • 口や舌の使い方
  • ストレスの置き方
  • 息の吐き方

などを、一緒に伝えるのが主流✨

音指導はコツがいる

ところが、発音指導にはコツがいります!

 

講師自身が発音するだけじゃなく
生徒が再現できるようにクリアな言葉で
音の作り方を伝えていく
必要があるからね♡

発音指導を学んでいない

 

だけどここに実は
大きな問題がある。。。。。

 

 

実は、、、、
英語指導者ののほとんどは、
発音について学んだことがナイ!!

 

学んだことがある人は
全体のわずか約3%といわれているんです!

 

 

 

じゃあ、あとの97%は??

 

 

どうしているかというと、
自分の耳に聞こえた音を
聞こえたように教えています。

 

自分の音のセンスで獲得してきた音を、
そのまま伝えてコピーしてくれることを
期待しているのです💦

 

なにを隠そうワタシも、
その97%のお一人でした。。。。🤣🤣🤣

 

 

私も、昨年のステイホーム期間に
発音のオンラインサービスで独学で学びを開始!!

そこから動画を観たり、アプリを入れたり、
さまざまな方法で自分の発音
なおそうと行動を開始!!

 

 

だけどね、英語講師である以上
やっぱり自分の発音だけではなく
生徒さんの発音も的確にアドバイスしたい!

 

 

より英語らしい発音に変えていきたい✨✨

 

 

そんな発音の指導法の基礎の部分を
学べる場を探している講師は
きっとたーーーーくさんいるはず!!

 

 

先生のための発音指導法講座➀では、
そういう先生方の悩みをクリアにして
生徒たちが明確に再現できる、
または応用できるように伝えていく方法を
たーーーっぷりお伝えしています♡

 

 

参加された、先生方からは

今まで、後回しにしていた自分の発音と、あいまいにしていた生徒への指導法がとてもクリアにわかるようになりました。
いままでより、的確に言葉を選べるようになったと思います!

いかに、自分があいまいに指導をしていたかを思い知りました。
自分の発音に自信がないので勇気がいりましたが、今後のためを思って受けて本当に良かったです!

息のハナシや喉のハナシなど、今まで考えもしなかったところが発音に関係しているとしり、驚きました。さっそく日々の指導にも取り入れています!

と、いうお声をいただています。

 

 

『”発音指導は愛だ!”でおなじみの
マリコから発音を学んでみたい♡』

というアツーーい先生は、
ぜひお知らせくださいね♡

 

【関連記事】

あいまいがクリアになる!発音指導法講座開催レポはコチラ

誰も教えてくれない親子レッスンの作り方のハナシはコチラをクリック

 

あなたの発音はまだまだ英語らしくなります♡
発音指導が得意になる講座です!

 

自分の発音が気になる英語指導者、
生徒の発音が気になる英語指導者へ。
目からうろこの学びがいっぱい!
伝え方がクリスタルクリアになる!
先生のための発音指導法講座➀
詳細はバナーをクリック↓

※この講座は、渡邊いくみ先生考案
【先生のための発音指導法講座(WISH)】
の認定を受けて開催しています。

 

 

公式LINEにご登録のメンバー様だけに、
もっと楽しい英語ライフを
送るための情報を随時発信しています♡
ぜひ公式ラインにご登録ください♡
毎日の育児で使えるパパっと英語フレーズやお役立ち情報お届けしています♡
講座の先行募集もおこなっています。
ぜひご登録の上、お役立てくださいね♡
↓コチラを『ポチッ』で登録できます♡

友だち追加

 

おすすめの記事