【開催レポ】先生のための発音指導法講座➀

 

息の勢いの話や、余韻の話など、
注目したことがない話をきいて
自分に欠けていたものは
これだな!と感じました!
自分の英語の発音に
自信がない!と感じつつも
具体的にどこをどうなおせば
英語らしくなるのかわからない。
どうしたら良いのかわからなくて、
長年そのままにしている、
そんな先生は実はたっくさんいます。

自分の発音もどう直したら良いのか
わからないのに、カタカナ感がぬけない
生徒さんの発音をどう直したらよいのか
わかるハズない、よね。
でもね、キチンと学べば、
『この音が出るのは、舌の位置が
まえすぎるんだな』とか、
『唇が丸くなってるから、
英語らしく聞こえないんだな』とか、
ハッキリわかってくるんです!!
ということは、、、、
生徒にも具体的なアドバイスが
できるようになる✨
とくに、小学校高学年になって
それなりの文章が自力で読めるように
なっているのに、ブツブツきれたり、
カタカナ感がぬけない子たち。
どんな風にアドバイスしていけば、
より英語らしく発音できるようになるのか、
先生としてすぐに答えられますか?
そういうピンポイントのアドバイスが
自信をもってハッキリとできるように
なります。
小中学校で英語を教えるコチラの先生も
音声学を学んだのは学生の時。
実際に、教師になってからは
ほぼ使うことがないまま〇十年が
過ぎ去っていった。
発音については、ちゃんと学んだことがなく
学校で導入されることになった
フォニックスについては、
たった一度の研修を受けただけ。

自信がないままスタートし、
学びたい!!と思っていた💗
2学期からの指導に活かすべく
熱心に学ばれています♡
生徒の発音をより英語らしくする
先生のための発音指導法講座➀
は英語を指導する、全ての先生に
超オススメの講座です♡
おすすめの記事