私みたいになるなー!英活を頑張っているママ達へ

強力な助っ人現る!!

この時期、我が家には新学期のためのテキストが山積み(笑)
これが、我が家流春の訪れを感じる光景♡

 

これを、クラスごと 一人分ずつに仕分けして配布の準備をするんだけど、
これが結構大変な作業。
でも、今年は次女が「手伝ったろ!!」と、自分から喜んで手伝ってくれた♡

すごいやん!!次女!!

 

 

春には、5年生になる次女。

かつてこの子が1歳で、私がひよっこ英語講師の頃 ほぼ全部のレッスンに次女を連れて行っていました。

 

預け先がないので、そうするしかなかったんだよね。
床に並べたカードはぐちゃぐちゃにするし、必死でレッスンを進めている時に、話しかけてくるし、グズるし、、、、。

ほんとに手を焼いてイライラして、この子に不満をぶつけている時があった。

レッスンで生じる不安を次女にぶつけてたんだよね。。。泣
今思えば、赤ちゃんの次女はぜーーーんぜん悪くない。
なんなら、赤ちゃんなんだし、あ・た・り・ま・え、な光景。
だけど、あの時は自分のことで必死だったな。。。
というか、私はすぐに自分のことで必死になってしまう(;'∀')
そろそろ直さんとね。
次女の中には『英語にママをとられる!』という気持ちがあったと思う。
私が、英語の本を読んだり、英語の歌を歌うことを嫌がる時期もあったから。
でも、今はたまに『ママが、英語の先生でよかった♡』って言ってくれるように♡
私がしているレッスンの準備も手伝ってくれる。
特に親子英語の製作物の準備は好きで、画用紙を切ったり、シールの準備をしたり『お店屋さんみたい♡』とご機嫌で。
あぁ、助かる。
助かる以上に、成長も次女の気持ちも嬉しい!!

英語にママをとられる、と思わせないためのコツ!!

思わせてしまってた私がいうのもなんですが、もちろんこれはNGね。

ママの英活は全力で応援している私ですが、私のようになってはいけませぬ。

なんで、こう思わせちゃったかというとやっぱり必死になりすぎるから!!

例えば、早起きして英活しようと思ってるのに、次女が一緒に起きてくる、、、、
これに対して私は優しくできなかった。
『なんで起きてくるん!!』という表情と態度で次女に接してた。

 

例えば、英文を読んでいる時、次女に話しかけられる。
私は『ちょっとまって』と言って、最後まで読むことを優先してた。

たとえば、レッスンの時に次女が私の注意をひきたくていたずらをした時、したことばっかりに目を向けていら立って、【なんで、次女がこうしているのか】まで考えてあげなかった。

 

ね。ダメダメ母です。
すぐ、自分のことに必死になる。
今もやっぱりその傾向は強い、、、、、。
直していかないとね。

 

だから、うちの次女のような思いをさせないためには、逆をすれば良いんだよ。

 

朝の英活、子どもが起きてきてしまったらもう子ども優先にきりかえよう。
意地になってしたって、どうせ集中できないから頭にはいらんし。

 

英文を読んでいる時も、子どもが話しかけてきたら、顔を上げて聞こう。
子どもは聞いてもらえないと、どんどんボリューム上げて攻めてくるし、どうせ集中できんから、もう先に聞いてあげたほうが早い。

 

レッスン中の子どもの行動も、全部意味がある。
抱きあげて、聞くか、一緒にしようか、って輪の中に入れてあげたほうが早い。

やっぱり子どもを優先する!っていうのが一番なのかも♡

子どもを優先しよう

これは、私 今自分に言ってます。

子どもに『ママはいつも自分を優先してくれる』と伝える行動をしたほうが、結果的にすべてがうまくいくのは間違いないと思う。

どんなにそう思ってても行動が私みたいなことしてたら、やっぱり子どもは自己肯定感も低くなるし、ママが夢中な英語を敵対視するようになる。

 

思ってるだけじゃ、伝わらないんだよね!

ママの最優先は私。という思いがあってこそ、ママの好きなものを一緒に好きになれる♡
ママをとられる!!と不安にさせては、英語も好きになってはくれないし、自分自身にも自信がもてなくなる。

だから、英語が大好きなママ。
英活頑張ってるママ。
子どもへの気持ちは行動で伝えよう♡

子育てしながら、英語するなんて本当に努力家だな、と思う。
一生懸命頑張ってる姿もきっと子どもは見てるし、素敵だと思う。

だから、その前向きな姿勢を子どもにも家族にも応援してもらためには、私みたいに必死になりすぎないでね♡

 

一人でしているとどうしても没頭して、必死になる。
一日の分量も少し多めになる。
なによりも英語を優先しがちなママはぜひ一度い英語育児なんでも相談会でご相談ください。3月31日までスプリングキャンペーン実施中♡

スプリングキャンペーン実施中!!

おすすめの記事