子連れ初海外!オーストラリア旅行記 1日目 いよいよシドニーへ

 

私が初めての子連れ海外旅行を実現したのは4年前。
その時のいきさつと出発までの準備はコチラの記事へ

 

羽田からシドニーまでは約8時間くらいのフライト。
夜便だし、寝てくれればそんなに負担ではないよ。
寝ないけど(笑)

本人たちの希望で顔は隠します。
しかもデータが見つからず写真をスマホ撮影したもので画質が⤵ですんません💦

 

子ども用の朝食♡(機内食)
朝の4時ごろにたたき起こされての朝食で全然進まず(笑)

 

オーストラリアは子連れ旅に超オススメ!!

 

オーストラリアが子連れ旅にオススメな理由はまだある!
まず、時差が少ない。

 

通常は日本とシドニーの時差はシドニーが+1時間!!
サマータイムでも+2時間です。

 

これ、かなりポイントです!!!

 

 

留学時も日本との電話がすごくしやすかったし、体の負担も少ない。
特に、子どもやバァさん、、、もとい。
母をつれての1週間そこそこの旅の場合は、旅行前後も体調崩さず過ごせて良いよ。

 

しかも季節も良い感じ♡
私たちがいった日本の春休みは、シドニーでは夏のおわり。
気候もそんに違わず、日中は暑いと感じても、朝晩は日本と同じ感じです。

 

 

ただ、注意が必要なのは日本の夏休みに行く場合。
あちらは真冬です。。。。。
海にもはいれないし、シドニーは気温は低くないけど風が吹くので結構寒く感じるんだよね。

 

なので、あちらが夏になる11月頃から4月くらいが一番過ごしやすいんじゃないかな。
冬でも日中は半袖で過ごせるくらい暑い日もあるけど、さすがに海にははいれません。
子連れの場合、海で遊べるととっても喜ぶのでその辺もチェックしてね♡

 

 

シドニーについてすぐ、もう空港の中からちょっと香水っぽいなんか外国のにおいがするので我が子たちは『オーストラリアのにおいがするー!!』っと興奮しておりました(笑)

 

いろんな乗り物に乗るべし

 

まずはCityへでないとね♡
空港からCityへ出るバスやタクシーは割高だし、あちらではいろんな乗り物に乗ることを経験させたかったので、電車でCityへ♡

 

今、思うとまぁまぁデカい荷物もってよく電車を選択したな私、、、と思うわな。(笑)

 

我ながら、やるなぁ。。。。

 

が、電車に乗ったとたんもう現地の人たちの生活の中に入れるし、街中をとおっていくのでこだわったんです。

 

しかも!!

 

シドニーの電車は2階建て♡
私が留学してた20年も前からそうでした。
それに乗せたかったのよね♡

 

2階建ての電車って日本にないやん???
子どもらも喜んでたし、電車に乗るチャンスはこの時だけ、とはじめからわかっていたので。

重いスーツケースがあっても電車に乗ったんです。

 

これは乗り物好きの男子にも喜ばれるかも!!

 

ここがポイント!!

海外に行ったら、いろんな乗り物に子どもと乗ってみよう!!

オーストラリア初日

シドニーについて、空港の入国審査などを通過し、Cityにでて自由の身になるのはお昼過ぎごろ。

結構初日からいっぱい遊べます♡

 

私はまずは、ホテルに行って荷物をお預け♡
ホテルには事前に、早めに着くことと荷物を預かってほしい点を連絡しておいたけど、たぶんしなくてもたいていはしてくれます♡
あと夏服に着替えました。

 

そしてバスにのってサーキュラキーへ。
サーキュラキーはオペラハウスの近くの港です。
バスや電車、フェリーの乗り場があるシドニーの玄関口。

 

 

旅程はすべて私にお任せだったので、ひとまずはオペラハウスを見せとこうと思って(笑)

 

歩ける距離だったけどあえてバスで♡

 

 

そうそう。
次女がもっているカード、Opal Cardといいます。
これは私が留学中は紙のチケットだったんだけど、チャージ式のカードでシドニーのバス、電車、フェリーなど、NSW州すべての公共交通機関で乗るときと降りる時にこれをピッってかざすだけで乗れます。

 

海外旅行の時、乗り物にのって小銭を出すのってネックだったけど、ずいぶん便利になったなーと思う反面、すべてが電子化されて外国のお金を見ないまま海外旅行ができることをちょっと寂しくも思うな―。。。。

お金ってその国の文化の一つ♡
外国のコインを見るだけで心躍る気持ちだったような経験、その国の小銭を自由に使いこなせるようになった時の誇らしさ。
これからは、あまりそういうことも経験しなくなるんだなーと思うとなんかさみしいよね。

 

 

サーキュラキーではサンドイッチを買って腹ごしらえ♡
オペラハウスをみながら食べました。

 

あ、旅行中の私のファッションについてはノータッチで(笑)

旅行の達人である友達に『長期旅行には、もう捨てる直前の服や下着を持っていってあちらで処分してくれば、荷物が減ってお土産をいれられるし、洗濯物も減らせる!!』
と聞いて、納得!!
マタニティースパッツやら授乳服、もう二度と着ない、よりすぐりの服をもっていった私。(笑)
確かに、メリットは多かったけど記念の写真に残るんだ、、、ということを忘れていた(笑)

まぁ、お世話になった服で最後に写真を撮れたと思うと悪くないが、、、、
ガラモノ×ガラモノ状態の日もありました(笑)のでご参考程度に♡

 

 

さて、サーキュラキーの話にもどります。
まぁ、平日なのに混みあってること。
観光地だからね。

 

でも、この時も隣のおばさんが話しかけてくれて、私も楽しくおしゃべりしました。
現地の方で、娘の仕事が終わったら一緒に夕食に行く、と言ってたな。
こんなフレンドリーさが嬉しいよね♡

 

 

 

お昼からはオペラハウスの内覧ツアーに参加♡
私も中に入るのは初めてでしたが、めっちゃ素晴らしくて、これは入ってよかった!!

 

 

母は、この中で音楽を聴いてみたい!!といって数日後のコンサートの予約をして帰りました。
この時に母も私から離れて一人でオペラハウスの夜のコンサートに出かけ、私が書いたメモをもってタクシーに乗り込み、一人で帰ってきました。
さすが、私の母!!
冒険好き!!

 

 

オペラハウス前の階段に座って、次女はスケッチをしました。
私が知らない間に、自分のリュックにスケッチブックと色鉛筆をもってってたの(笑)

 

かわいいーーーーー♡♡

 

 

そしてその日は長女の誕生日のお祝いにオペラハウスとハーバーブリッジが見渡せる、ちょっとお高いレストランCafe Sydneyのテラスでディナー♡♡

 

 

あ、もちろんこういう予約も全部私がしましたよ♡
こういう時、ある程度英語ができると超便利。

 

 

そして、シドニーをブラブラしながらホテル近くのスーパーでお買い物。

 

※次女は大好きな『みさとっこ』の草履を持参(笑)
シドニーでもよく履いてました♡

 

これは、翌日の朝食や、お昼のサンドイッチの買い出しです♡

 

翌朝から、毎日朝食はホテルでこんな風に、娘たちが大好きなフルーツやシリアル中心で楽ちん&ヘルシーに済ませたよ。

 

 

オレンジジュースや、ヨーグルトも好んで食べたので、何度も買ったなー。

 

 

で、お昼にはサンドイッチを作って持ち歩きました。
街中やビーチへ行くと途中で『あれ食べたい!!』みたいなのが出てくるしそういうのを食べたいときに食べたいとこで済ませながら、小腹にはサンドイッチ、と出発前から決めていました。

 

 

子ども達が食べたいものは、できるだけ経験させてあげたいから。

 

なので日本からこういうものをもっていきました。

  • サンドイッチ持ち歩きのプラランチケース
  • シェア用に使い捨てフォーク&スプーン&ストロー
  • お手拭き
  • ラップ
  • 小さい紙コップ
  • 割りばし
  • ナイロン袋

なので、晩御飯はレストランとかで食べたけど昼食は外で済ませることが多かったかな。

 

 

いやー回想しても、なんて良い旅♡
そしてこんな経験を子ども達にさせてあげられたあの頃が懐かしい。

 

オーストラリアもニュージーランドも、島国の良さを活かし、コロナの封じ込めにほぼ成功。
2021年5月現在、新規感染者数は0~数人程度。

今や街中でも、マスクをする人もほとんどおらず、ソーシャルディスタンスもなし。
ほぼコロナ前の日常にもどりつつあるそうです。

 

 

日本。。。。。なぜ、こうなった。。。泣

 

 

一日も早く、また子ども達と海外へ行ける日が来ることを心から願ってます!!

 

この連載はまだ続きます♡
お楽しみに!!

 

出発前の飛行機とホテル選びの話はコチラの記事へ

おすすめの記事