その勉強法、時代遅れです!!

わからない単語を1こずつ調べていたら、全然前に進まないし時間ばっかりかかる割に頭にははいらないくて。。。
まるごとサポートプログラムのママが、開始したての頃、お渡しした資料のわからない単語を全部調べていたんです。
すばらしく前向きで、頑張り屋さんのママ。
一日も早く英語ができるようになりたくて、一生懸命でした。
そのエネルギーを苦手な単語調べに向けてくれていたんです。

 

だけど、10年以上のブランクがある英語。
知らない単語がありすぎて、調べることにめーーっちゃ時間がかかります。

 

学校英語でよくやりましたが、単語をひとつずつ調べると、調べたことになんだか満足して、覚えるとこまでいかなかったりするんだよね💦
そうなんです!!
私たちが学校英語で習った、わからない単語をぜーーんぶ調べて読みすすめていく方法、実は現実的じゃないんです!!
それ、時代遅れなんです( ノД`)シクシク…

単語は調べなくて良い

 

じゃあ、どうしたら良いのか。。。。

 

答えは、、、、、

 

 

わからない単語は、すっ飛ばす!!

 

 

いや、これホンマです!!

 

わからない単語はすっ飛ばして読む。

1つの単語にとらわれてその意味を完璧に調べていくより、そこは『まぁ、こんな感じでしょ?』で良い。

 

全体的なイメージが持てることが大切!と言われています。

 

せっかく学校英語をはなれて自由に英語を勉強しているんだから、すべての単語を調べて一文一文を訳していた過去の勉強法とはおさらばしましょ!!

 

 

そのためには、まず自分のレベルにあった文章を選ぶ必要があります。

自分に合ったレベルの文章で英語学習は3倍楽しくなる!

まずは、読もうと思っている文章を見てみて。

3行くらい読んでみて。

 

どう?3行読んで、わからない単語がいくつありましたか?
自分にレベルがあっていると3行読んでわからない単語は1つ程度が丁度いい♡と私は思います。
なので1ページに3,4個でしょうか。

 

それ以上あるときは、意味が読み取れず楽しくない可能性があるから、もう少し簡単な文章から始めましょう。

 

 

なぜ、簡単に読める文章から始めるかというと、

まず、読むこと自体を楽しんでほしいから♡

 

 

 

読むことの楽しさは、書いてあることの意味がわかって、頭に情景が浮かぶこと。
まずは英文でそれができるようになるのが一番!!

 

 

だってね、どんな簡単な本でも、わからない単語に出会うことはあります。
ぜーーーーーんぶの単語を知ろうとすると、何年かかるかわかない!
だから、わからない単語があっても全体の意味がだいたい読み取れてすっ飛ばしていけるくらいの文章をたくさん読んでいく。

 

それが今流です♡

 

 

そうやって、なんども同じ単語に出会っているうちに、その意味がなんとなく分かり始めます。
それか、なんども出会ってどうしても気になるときは、もちろん調べたって大丈夫。

 

 

ただ、この時の調べ方、最初の学校英語の調べ方とはちょっと違うのわかる?

文章を読み進めながら、わからない単語に出会うたびに調べてなかなか進まないのと、読み進めて全体像は把握しながら、気になる単語だけ調べるの。

頭に入るのは、実は後者なんです♡

 

 

ウソだと思ったらやってみて(笑)

 

 

だから、子ども用の絵本だって、とっても簡単な短いお話だって良いんです。

ポイントは

  1. 自分に合ったレベルからまずは読んでみる。
  2. 情景を思い浮かべながらお話を理解していく。
  3. 気になる単語だけ調べる。
  4. 語彙が増えていく✨

当英語教室では子ども達も、この方法で『文章を読むことに慣れて、単語を増やす』ことを楽しんでいますよ。

 

大人にもとってもおススメの方法ですので、ぜひぜひ、お試しあれ♡

 

 

公式Lineからも毎週すぐに発音がよくなるアドバイスつきの英語フレーズや、お役立ち情報を発信しています♡

ぜひぜひ登録してね♡↓

友だち追加

おすすめの記事