おうち英語の最大の目的!!ママが教えるとロクなことがない

『家でできる英語を親子で楽しみたいけど、具体的に何をしたら良いの?』

どんな風にしたら効果的なんだろう??
これからおうち英語をしたいと思っているママや、今もうスタートしているママに、効果的なおうち英語のキーワードについてカンタンにできることを書いてみますね。

この記事を読むと、お子さんとのおうち英語を頭の中にイメージでき、的を得たおうち英語をスタートできます。高額教材を買おうと思っている方や、自己流でスタートしようと考えているママは、ぜひ行動する前にこの記事を読むことを強くおすすめします♡

では、スタートしますよ♡

 

おうち英語の一番の目的は?

私は兵庫県三木市で英語講師として活動して10年目。
中2と小5の娘がいます.

この子たちが小さい頃、私も家でできる英語がしたいと考えて、英語の歌をかけ流したり、英語絵本を読んだり、英語で語りかけをしていました。

 

でも、その頃の私はしらなかったんです。めちゃ大事なことを。

 

おうち英語の一番の目的は、『家庭だけの力で英語ペラペラにすること』ではないんです。
『英語の幅を広げること』なんです。

外の世界で英語を使いだしたときに、少しでも多く英語に変換できる言葉を知っているのと、知らないのとでは大きな差ができるんです。

家庭だけの力ではなく、外の力もうまく借りたら良い。
でも、逆に家で何もせずに英語教室だけで完結するほど言語習得は簡単ではありません。
それは中高6年間の英語教育を受けてきた日本人の英語力を見れば一目瞭然。

外の世界と、家庭との力がうまく合わさって、子どもの言語習得は素晴らしく進んでいきます。
その家庭での大きな目的として挙げられるのが、『英語の幅を広げること』

学校や、英語教室で出会わないけど、とっても身近な単語やフレーズにどんどん出会わせてあげてほしいです。

わが子にあっている方向を見極める

もちろん、巷にはおうち英語で、わが子をペラッペラのスーパーキッズに育てているスーパーママもいる!!
が、けれどもそれは全体のわずか数パーセントと思われます。
ママあるいは、お子さんに人とは違う特別な能力がある程度なければ、小学生で英検1級合格とか、ありえない~!

まず、幼児で1時間近く椅子に座ってぺ―パーテストをたった一人で受けられる。それだけで十分スーパーキッズ(笑)

ほとんどの子は、おうち英語をしていることで、英語力が頭一つ分くらい学年で飛びぬけてはいながらも、ごく普通の成長過程をたどることになります。

その頭一つ分、なにがちがうのか。

それが『英語の幅の広さ』なんです。

 

おうち英語をする意味

おうち英語では、日々家庭で英語の経験をコツコツ積み重ねていき、語彙やフレーズに触れた『英語の経験』を増やしていきます。

家庭でできるのは、現実に経験しながら生活の中で英語を聞くこと。
たとえば英語教室では、リンゴの絵をみながら”apple”と習います。
家では、リンゴの皮をむく音を聞き、いっぱいに広がる香りを感じ、家族と一緒においしく食べながら"apple"ときくことができる。
この2つは、同じことでしょうか??
私は、まったくちがうと思っています。
これこそが、おうち英語をする意味なのです!

ママが教えるとロクなことがない

おうち英語は、ドリルや教材でママが子どもに英語を教えることではないんです。
私の経験から言いますと、ママが教えるとロクなことがない!!🤣
ママは先生ではない!
教えるのは、先生におまかせしておうちではひたすら、英語に親しむ!英語で遊ぶ!
これがママの役目であると、肝に銘じてくださいね♡
毎日の生活の中に英語があること。
それがおうち英語の醍醐味であることを、これからスタートするママ達には頭にたたきこんでおいてほしいと思います。

おうち英語はトクベツではない

今は『おうち英語』や『英語育児』という言葉で呼ばれていますが、あの頃はそんな言葉もなく、ただ【家で英語してる。。。】とそのまんまがネーミングでした(笑)

『家で英語してる』というと、どうしても教育ママなイメージがあったんじゃないかと思います。
めっちゃしっかりしてるママならいいんです。
でも私は自分がうまく子育てをこなしているとは全然思えなかったから、だれにも言えなかったんです。

 

 

 

その頃の私がどうしてもできなかったこと、それは外で堂々と英語で語りかけること、でした。

 

だれかに、私の英語を聞かれたら恥ずかしい。。。

そんな思いでいっぱいだったんです。

外の英語もぜひ言ってほしい

お外では、ちょうちょや虫をみつけて名前をいってみたり、公園の遊具で遊ぶ子どもに声をかけたり、外にもお子さんの英語の幅を広げられる出来事がいーーーっぱいあります♡

私は、自分のイマイチな英語を誰かに聞かれたら恥ずかしい、、、なんてことを思っていましたが、そんなこと気にすることないんです!
なぜなら『だーれもきいてないから!!』

聞こえる人は英語にアンテナを張っている人です。
つまり、おうち英語に興味がある人。

そういう人とは、仲良くなれば情報交換できる心強い仲間になれます♡

情報交換や、近況報告できる仲間の存在は、おうち英語を何倍も楽しくします♡
だから仲間をさがす目的で、外でもだれに遠慮せず、恥ずかしがらず、お子さんと一緒に英語を楽しんで♪

各場面3つずつスタートしよう

英語の語りかけを始めるなら、まずはお子さんがもっともご機嫌な時間帯のフレーズを3つからスタートしてね♡

わが家は、娘たちの寝起き直後でした(笑)
とにかく手を焼いた次女も寝起きは機嫌が良い。

"Good morning."
"Did you sleep well?"(良く寝た?)
などを、毎日毎日もう決まり文句のように語りかけていました。

その記事はコチラをクリック

そして、それが定着したら場面を増やしていくんです。
たとえば、次はご飯の時に何か言ってみよう、とか。
お風呂に入っている時に何か言ってみよう、とか。

各場面に3つずつくらいを意識して、場面を増やしていくと1日で言える量、かけられる言葉が少しずつ増えていくのです。

あたり前になるほど続けること

 

場面英語の、積み重ねと毎日の継続で、英語がある毎日があたり前になる!を目指してほしい。

おうち英語を長期サポートしているママ達も、一人ではなかなかその毎日継続ができなかった人が、3か月のサポートの間は毎日できるようになり、それが習慣化して当たり前になる様子をなんどもみてきました♡

 

 

では、絶対に語りかけができない!!と思っていたママが家で英語語りかけをしていることで、それが自然になり ある時公園に行くとき、ポロっと英語が口をついてでた!!

"Let's cross!!"(道を渡ろう)というフレーズが口をついて飛び出した!!!

『あれ?ワタシ今、英語で言った??』
ママはその時の気持ちをこう表現していました♡

 

このママはコツコツと少しずつフレーズを増やして、どんどんお子さんに語りかけて英語がある毎日が、当たり前になってきた!!と実感!!

それからは、外でも語りかけのチャンスがアップ♡

 

ぜひ目的をもっておうち英語をしよう

お子さんの『英語の幅』を広げるためのおうち英語でママにできることは、身の回りの身近な語彙を生活の中でどんどん英単語で伝えていく。

文章でなくても、単語でも大丈夫♡

 

 

覚えていますか?
ママは先生ではない。教えなくて良い。
身の回りの英単語やフレーズを楽しみながら、伝えてくださいね♡

 

それがおうちでできる一番子どものためになるおうち英語の本髄です♡

【関連記事】

だれでもおうち英語を楽しめるコツの記事はコチラをクリック

英語講師がおススメする英語絵本の選びかたはコチラをクリック

 

公式LINEにご登録のメンバー様だけに、
もっと楽しい英語ライフを
送るための情報を随時発信しています♡
ぜひ公式ラインにご登録ください♡
毎日の育児で使える
パパっと英語フレーズやお役立ち情報
お届けしています♡
講座の先行募集もおこなっています。
ぜひご登録の上、お役立てくださいね♡
↓コチラを『ポチッ』で登録できます♡

友だち追加

おすすめの記事